アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
為替鬼コピートレード鬼式
ブログ紹介
FX自動売買の為替鬼コピートレード鬼式を紹介しているブログです。
zoom RSS

為替鬼コピートレード鬼式 レビュー

2012/03/02 16:08
為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式




実は、コピートレードでは、その仕組み上、
高速スキャルピングを再現するのは難しいのです。

どういう事かお話しましょう。


先程、コピートレードの仕組みを簡単にご説明しました。

「軸となるトレーダーさんのトレードをデジタル信号化して各ユーザーさんのPCに飛ばし、同じ取引を再現する。」

非常に高い再現性を誇りますが、ファンドのように直接資金を預かってトレードするわけでは御座いませんので、ここには微々たるものではありますが、お使いの口座等によって多少のタイムラグが発生する場合があります。

この多少のタイムラグが、高速スキャルピングという数ピップスの所で勝負している手法にとっては致命傷になりかねない誤差になるのです。


実は為替鬼氏は、過去、コピートレードでこのタイムラグが自分の手法に与える影響の大きさを痛感する大きな挫折を味わっています。

良い事ばかりお伝えする気は御座いませんし、ひょっとして貴方も知っている話かもしれませんので、正直にお伝えしたいと思います。



為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式





サービスの正式名称までは出せませんが、
実は、為替鬼氏は数年前に、まさにコピートレードのはしりだった“ある”コピートレードサービスで、
シグナルプロバイダ (※つまり、そのコピートレードのシグナル元のトレーダーのことです) の一人として参加し、コピートレードを経験しています。

そのときには既に、7万5000円を10カ月で5000万円にした高速スキャルピングで有名になっており、カリスマトレーダーの名をほしいままにしておりました。

超有名なカリスマトレーダーとして、大きな期待を一身に受けて始まったコピートレードでしたが、
その結果は惨憺たるものでした。

日に日にマイナスを膨らませ、最終的にはシグナルプロバイダを辞めることになります。


為替鬼氏との会話の中で、この事についてもお聞きしましたが、
この事件は、為替鬼氏にとっても非常に大きな挫折だったようです。


ただ、悪い事ばかりではなく、
再度、自分の投資を見つめ直す良いきっかけになったとも仰っていました。





為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式



こんな結果になった理由は、勘の良い方はもうお分かりかと思いますが、、

1つに、先程お話したシステムのタイムラグ、そしてもう一つの要因がスプレッドの大きさにありました。


本来、為替鬼氏が最も得意としているスキャルピングは、所要時間数秒から数分というまさにバリバリのスキャルと呼べるもので、1トレード数ピップス程度の利益を高速でバシバシ抜いていくというものでした。

このスキャルピングでわたし財を築いた為替鬼氏ではあるのですが、こういった手法を成立させるには、





こういった条件が満たされている必要があったのです。


下手をすれば、2ピップス、3ピップスでも利食する事がある手法でしたが、
そのコピートレードサービスで使われる専用口座はスプレッドが大きく、普段使っている口座なら
利益になっている筈のトレードでも、損失で終わってしまうと言う事がかなりの頻度であったようです。

つまり、手数料負けというやつです。

また、コピートレードのはしりだっただけにシステム面も成熟しておらず、
大元のトレーダーさんのトレード内容が、各ユーザーさんの口座に反映されるのもかなりのタイムラグが発生していたと聞きました。

FX は、この やり方 で! 私は 両建て で 必勝 ! それを可能にするのが 資金管理 の 手法 だ!

会社の給与程度の額を安定して毎月稼ぐ! −「負けない」に特化したFX− 負けなければ勝つしかない!

キャンドルスティックFXU

キャンドルスティックFXU

キャンドルスティックFXU

ローソクを使ったシンプル手法!キャンドルスティックFXU

こういった悪条件が重なり、惨憺たる結果となってしまったわけですが、

この挫折がきっかけとなり、自身のトレードを見直し、それまで高速スキャルピング一辺倒だったトレードスタイルにも、手数料負けしないように少し長いスパンでのトレード手法を開発したり、各資金量にあった手法等、幅広いトレード手法を身につけるようになったと仰られていました。

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式

為替鬼コピートレード鬼式


こういった経験から、今では資金量に応じた様々な手法を用い(時には自動売買も)、全体ではかなりの額を運用されているのですが、やはり世間のイメージは「スキャルピングの為替鬼」。。
FX自動売買ソフト

期待されるトレードもほぼ間違いなく高速スキャルピングといった、本当に短い時間の短期トレードになるが、利益を出しながら、コピートレードでそのスタイルを再現するのはほぼ不可能・・・。


そのときには、こういった想いがあったようです。


しかし、今回の「鬼斬りFX」の件で、何かユーザーさんにしてあげたいという気持ちが大きくなり、
コピートレードの公開を決断されたと言う事でした。


非常に大きなものを背負っての、覚悟の公開だというのはぜひともご理解いただきたいのです。

そして、その決断とともにもう一点、為替鬼氏より重要なお話があったのです。









先程のお話にあったようにコピートレードと高速スキャルピングとの相性は良く御座いません。


今回の『鬼式』提供に合わせ、コピートレードシステムの開発に豊富な経験を持つ外部システム会社の協力も取り付け、非常に安定性の高いシステムを導入しておりますが、だとしてもその構造上、ゼロコンマ数秒程度のタイムラグが発生する可能性はあります。

そこに、絶対は無いのです。


>>更に詳しい内容はこちらから








記事へトラックバック / コメント


月別リンク

為替鬼コピートレード鬼式/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる